~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
自然
と或る日常のこと
料理、日本酒、ワイン
ジムニー、エッセ、ハスラー
鳥猟、エアー・ライフル
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 23:49
こんばんは(^^) 気..
by kai at 18:20
>よしよしさん こんば..
by hototo-gisu at 23:02
あっ、気づいたけど、これ..
by よしよし at 18:33
>よしよしさん こんば..
by hototo-gisu at 23:27

記事ランキング

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

検索

ファン

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

画像一覧

ブログジャンル

アウトドア
釣り

ヤマドリの絵を描いてみました

a0056140_2241551.jpg

実際の山鳥は、もっと赤っぽく見えるんだけど・・・ 私の力量では、これが限界。

ヤマドリ・・・ 私は手塚治さんの「火の鳥」という作品は良く知らないが、「火の鳥」というイメージは、この山鳥(ヤマドリ)からきているのではないかと思う。

ある時、墓場近くのキジのポイントで猟犬を引いていた時のこと。
犬が、臭いを嗅ぎつけたかと思ったら、その先から飛び立ったのがヤマドリだった。
ほんの5、6メートル先だった。 緑の草木の中から飛び立った火のように赤い鳥・・・
飛び立つやいなや、方向転換したので、長くて赤い尾っぽが、クネッとしなった。
全身が赤くて、輝いているように見え、長い尾をフサッフサッと揺らしながら飛び去る姿も、スローモーションを見ているかのように私の目には映った。

青い空をバックに、陽の光を浴びながら飛び去ったヤマドリも見たことがある。

輝くように美しくて、銃を向けるどころではなかった。
いや、逃した獲物だから、余計に美しく思い出に残っているのだろうか?

また、ヤマドリに会いたい・・・
その一念で、カーソルを動かして、描きました。
構図的にはヘンでも、似てなくても、私の会いたい鳥サンのイメージは、コレなのです☆
[PR]
by hototo-gisu | 2006-10-26 23:50 | 鳥猟、エアー・ライフル | Comments(24)
Commented by たけちゃん at 2006-10-27 07:04 x
ああ〜ホントにばばーんって晒しちゃったよw

おはようございます
ヤマドリって最初聞いた時、海鳥←→山鳥みたいに山に居る鳥の総称かと思いましたよ、キジとかコジュケイはみんな山鳥かと、、、(^^;
でも、猟とかやらない人はそう思うんじゃないかな?ましてや姿カタチを知ってる人はごく少数かと
なので、こうして人々に知らしめましょう(^^♪
野鳥の本にも写真載ってるけど、あんまり赤くない。ガンショップにあったハク製はちょっと赤かったよね! しっぽがきれーだった。

どっちにしても、生ヤマドリを見てみた〜い。 キジみたいにボサのきわに出てきてくれればデジスコれるかもしれないけど、、、と安易なわたしでゴミンナサイ( ̄▽ ̄;A
Commented by マコト at 2006-10-27 07:41 x
おはようございま~す!
久しぶりにパソコン開いたら、なんだかみんな楽しそう♪
忙しかったのもひと段落、ホト様のヤマドリをみたら頭の中がすっかりアウトドアーモードに切り替わりました。
しかも、タケチャンハウス復活してるじゃないですか~~~!
夜、ゆっくり見させてもらいます♪
Commented by minato412 at 2006-10-27 10:01 x
皆さん早起き!

やまどりは今やまぼろしの鳥となりつつあるようで、山深く入らないとお目にかかれないようです(我が輩の近くでは)。
実は私も山にいる鳥すべてを山鳥だと思っていました(狩猟免許を取るまでは)
山鳥はうまいという評判です、一度見てみたいし食ってみたいです。ホトさん今猟期に是非仕留めて振る舞ってください。おみやげに尾っぽのながーい羽を1枚くださいね。

カモさん達、やっと渡ってきたようで青首の集団を見つけたとの連絡がありました。そわそわ、うきうきしてきました。
Commented by hototo-gisu at 2006-10-27 10:39
>まことさん
お疲れさま~! 忙しかったんですね。 
まことさんに教わったキジポイントに、たけちゃんと通っていますよ~
まだ見れてないけど・・・ でも、他の鳥サンが沢山います☆
落ち着いたら、また一緒に遊びましょ~♪
Commented by hototo-gisu at 2006-10-27 10:41
>マコトさん
↑ごめんなさい、 カタカナの「マコトさん」に変換するのを忘れてました! ドジッ m(__)m
Commented by hototo-gisu at 2006-10-27 10:53
>minato412さん
こちらでも幻の鳥みたいですよ! 昔、散弾銃をやってた頃の猟場では、キジとヤマドリが混生していたので、良く見ましたし、獲れました。
今じゃ、無理でしょうね・・・
ヤマドリは、キジに比べて、すご~く淡白でクセがありません。
上品な味っていうのかな~ 白い身できれいですよ。

>おみやげに尾っぽのながーい羽を1枚くださいね。
いいですね~、私も欲しいっ!!!

青首、まだ見てません・・・ ちょっと焦ってみる?
Commented by hototo-gisu at 2006-10-27 11:00
>たけちゃん
ヤマドリのいそうなトコって、わかるんだけどね~
一日、山道ばっかりドライブしてみる? どう?

キンクロのペーパークラフト、見ました。
あれは、現物とスゴ~クかけ離れているんじゃない?
って、私、キンクロの現物、良く見たことないけど。 
キンクロを見るのも、今猟期の楽しみの一つです。でも、絶対、撃たない。
美味しくなさそうだもん~ 
Commented by Lucky at 2006-10-27 13:18 x
ヤマドリ、山鳥と書くと山の鳥のイメージになるんで、カタカナ表現が多いですね。
Hotoさんの書いているように生息地は山村の山田がある所(我々は地付きて言ってます)でキジと混棲しているのと、山岳に居るののがいます。山岳地帯のヤマドリは渡りをするようで、こちらではクリスマスの頃から移動するようです。キジと比較すると、活動範囲が広い、危険を察知すると這う(走る)、飛びだすとキジは明るい方に出るが、ヤマドリは暗い方に飛ぶ、と思います、全て鉄砲撃ちには都合の悪い事ですので、犬がカザとっても出ない、羽音だけと言う事が多いですね。
Commented by Lucky at 2006-10-27 13:58 x
山里にいるのは、ポインティングドッグ、山岳にいるのはフラッシュドッグが使い易いように思います。ポインティングドッグは忍んだり、認定したりしてる間にサッサッと安全圏まで這って、まだしっこう追ってくる時は8合目より上で飛び出しますので矢がかかりませんが、小型和犬を使うと本体にストレートに迫るので上木したり飛んでもすぐ傍の木に止まる事があるようです(鳥が犬を馬鹿にしてるので上木するとも言われていますが)。連れは足が強い事もあり芝を使った俊敏な沢攻めが好みです。いわゆる沢下りヤマ猟です。 ぼくは両手両足使っての沢登りは連れにまかせて、俺チョットここで待ってるは、鳥下らせて、です。
Commented by ニコル at 2006-10-27 19:32 x
ホトさん 上手に書けていますね
シッポの長いコジュケイですか? ハハハ
上半身はコジュケイだったら傑作だと思うのですが。。。。。



Commented by hototo-gisu at 2006-10-28 12:49
>Luckyさん
ヤマドリの沢下りで仕留めるのは、鳥猟ハンターの醍醐味ですね!
私はもっぱら、ポインティングドッグ使いでした。でも、ブルトンは小さいので、小型和犬と同じように鳥が上木すると言われていますが、Luckyさんとこのブリちゃんは、どうですか?
私のブルトンでは、キジが上木してくれて、獲らせてもらったことがありましたよ。 猟犬を使った猟は、本当に楽しいですよね!
Luckyさんが、うらやましいです。 
Commented by hototo-gisu at 2006-10-28 13:00
>ニコルさん
「『シッポの長いコジュケイですか?』って、そういわれてみれば、そんなふうにも見えるよね」なんて、たけちゃんがニコルさんに同調していました。
クゥ~ッ、ふたりして、バカにすんのねぇ~(T_T)
いいのよ、いいのよ、自分の日記だから、何書いても!
ニコルさんも、くやしかったら(?)、絵を描いて、UPしなさいっ(笑)!
Commented by Lucky at 2006-10-28 13:57 x
今”ザ・男の料理教室”から帰ってきました。
今日は雪平鍋覚えました。メニュは茶碗蒸し、白和え、ぶりの照り焼きでデザートはおいもさん、白あんと薩摩芋半々で外側は漉しアンつかったお饅頭です。先回からイギリスの若い人が加わり国際的になってきました、この人トム・クルーズばりでモスグリーンのTシャツとカーゴパンツで格好いいんだ、奥さんが日本人だそうで、なんで料理教室?聞いてみたら理由は僕と同じーーー大笑い!
 理由は内緒、想像にまかせます。
ギンナン食べて経験の無い味だと言ってました。
ところで僕のブリは白オレンジで20Kgあり前の米系セッターと同じ位あります。今のところ上木したこと無し、雉ですが雪の日にポインター使っていて”すずみ”に止まった事あります。セッターでも傍の木に雉が止まった事があります。めったにないですがどうかすると止まりますね。
Commented by たいちょ~ at 2006-10-29 19:34 x
本日仕事を兼ねて秘密の猟場を偵察をしてきました。
そしたら見ましたよ!ヤマドリ!!ちょっと小さめでしたが、同行者さんは興奮してましたヨ。やっぱキレイですね~ 
Commented by hototo-gisu at 2006-10-30 12:29
>Luckyさん
オ~ッ、純和風で美味しそうですね! 
料理教室に通う理由――何でしょう?・・・ 奥さまが旅行とかで長期不在時に、食べる物がなくて”餓死”しそうになった・・・とか(笑)

ブリちゃん、大きいんですね! 大きい方が、山を引いていても目立つのでいいかも・・・ 

「スイカに塩」の件ですが、たけちゃんも、それが当たり前だと思っていたそうで、私のコメントにえらく驚いたそうです。
エ~ッ、それって、私が少数派ってことなの~?と、少しショックです。
きっと、”きうしう”のKaiさんも、スイカに塩はしないと思うのですが・・・
今度、聞いてみようと思います。 
Commented by hototo-gisu at 2006-10-30 12:35
>たいちょ~さん
ヤマドリ見れたんですね! スゴ~イ♪
同行者さんは、初めてだったんでしょうね! でも、そうやって実際に見たことは、今後、自分で探す時の為にも、いい経験になりましたね!
若いヤマドリだったんでしょうか? たくさん子孫を残して欲しいもんです!
Commented by Lucky at 2006-10-30 14:57 x
奥さんね、キチンと教えてくれません。
塩小さじ1/4杯とは計量スプーン5ccに掬ってすりきり一杯にして半分を戻し、更に半分戻し1/4にする、なんてね。
 しつこく聞くと怒っちゃいます。
教室にステンと錆びた包丁置いてあるんですが、鶏肉の脂の付いた皮部分ステンでは切れませんね、錆びてる包丁使うと切れます、どちらも余り研いでませんが、それでも錆びてる包丁だとなんとかなります。
 ブリちゃん、下見に行ってヤマがホロ打っていたので、ブリちゃん掛けましたが出ません。ホロ打ってたのは20mないですよ、勾配が急でない雑木で下がキレイだった事もありますが、ヤマちゃんキチンと犬との距離取ってスタコラサッサ、でした。
 スイカと塩、ミスマッチだと思いますが、メキシコではビールに塩とライム(レモンて言ってますが)、ライムはmustです、僕はミスマッチだと思いますが、所変わればですね。
Commented by ニコル at 2006-10-30 18:40 x
ホトさん 僕の絵描きとしての才能をご覧入れたいとこですが、あまりにハイレベルで驚かしては気の毒と思い
僕のDNAを引き継いだ娘の絵を某HPのBBSに貼ってきました
ご覧あれ ハハハハハ
Commented by hototo-gisu at 2006-10-30 20:06
>Luckyさん
ん~っ、奥さまの気持ちがわかるわ!(笑)
小さじ1/4杯って言っても、そんな厳密に量らなくても・・・だって、料理人だって、実際、指のつまみ具合とかじゃないかと・・・
そうだ! Luckyさんは、「ケーキ作り」にきっと向いてると思います!
ケーキの場合は、分量通りにやらないと失敗するし、温度加減とか、すっごく緻密だから、Luckyさんの職人魂、研究心を奮い立たせるのではないでしょうか? いいと思いますよ~☆ 
作ったものは、奥さまだけでなく、ご近所や知人に配っても喜ばれるし・・・ 鴨肉よりも歓迎されるでしょう・・・ 私も試食にあずかりたいです!
Commented by hototo-gisu at 2006-10-30 20:12
>ニコルさん
負けたぁ~~~~~~~~~(@_@;)
3歳にして、あの絵はスゴイ・・・ あの、色使いも最高です!
6月に来た時に頂いた直筆の絵を大切にとってありますが、将来、メジャーになるかもしれないので、ますます、失くさない様にしておかないと!

↑私の絵、はずかしくて、削除したくなっちゃいましたぁ~(-_-;)
Commented by ニコル at 2006-10-30 21:40 x
どうだーーー まいったろーー  笑
あのー、K子は4歳でそのうえ来月22日は5歳の誕生日であります
私がよく言われる言葉なのですが「自分だけ年取ってるんじゃないんだよ」
そっくり送ります ヘヘ
Commented by Lucky at 2006-10-30 22:19 x
実は料理作りの創意工夫には驚いています。
 茶碗蒸し、溶き卵を茶碗に移す時金属ストレーナー使って白身の固まりが入らないようにしました、等など。
 この僕が始めて作る料理でキレイに美味しく、一度の失敗もなく作れる工夫がされているんです。新鮮な驚きです。
 パン、ケーキは嫁さんが凝ってます。
http://www.regal-japan.co.jp/seihin/ri7727.htm
 朝のトースト”俺普通の食パンが好きなんだけど”なんて言えませんし。
パン、ケーキ作りは嫁さんと競合するんで当面見合わせます。
 料理用鍋も娘に唆されて新しいの買ってました。
肉じゃが上手くできるそうです、どんどんプロ並みの料理が出来る物が開発されているようですね。
http://www.lecreuset.co.jp/
 
Commented by hototo-gisu at 2006-10-30 22:23
>ニコルさん
え~、あまりに上手に描けているので、私のブログにも借用させて頂きました。 事後報告ですが、イイですよね~ ね~~~~
Commented by hototo-gisu at 2006-10-30 22:35
>Luckyさん
ル・クルーゼの鍋は、私も大好きです! 一生の宝物です。
お味噌汁、煮物、この鍋で作ると、他の鍋を使うよりも美味しく感じます。
いいですね~、Luckyさん! 
さぁ、私も刺激を受けて、料理の勉強をしようかな~☆