~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
自然
と或る日常のこと
料理、日本酒、ワイン
ジムニー、エッセ、ハスラー
鳥猟、エアー・ライフル
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>ニコパさん こんばん..
by hototo-gisu at 23:35
酷暑お見舞い申し上げます..
by ニコパ at 18:15
>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 00:08
こんばんは♪ 何事にお..
by kai at 21:37
>kaiさん こんにち..
by hototo-gisu at 14:57

記事ランキング

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

検索

ファン

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

画像一覧

ブログジャンル

アウトドア
釣り

カテゴリ:DIY/クレイクラフト/物作り( 81 )

鮎釣りも勉強し直そうかな・・・

6月23日(土)
ここ数日降り続いた雨で、どの川も鮎釣りは厳しそう・・・。
そんな中でも興津川は出来そうな感じだし、「いしがき小屋」で収穫させていただいた山椒の実の「粉山椒」と「佃煮」(失敗作ではあるが…)をいしがきさんにお届けしたくて、興津川へ行くことにしました。
a0056140_14010589.jpg
こちらは、出かける直前に撮ったバラとやませみ号。
2番花は小振りですが、花の数が多いので可愛らしい感じになります。

さて、興津川へ向かっている途中、とうとう雨が降り始めました。 それも小雨じゃなくて「マジ降り」(⌒-⌒; )
これで今日の鮎釣りは諦めざるを得ませんね〜。

いしがき小屋に着くと、いしがきさんがいらっしゃったので、約束の品をお渡しすることが出来ました。
Takeちゃんも、先日から話題にしている「ラバースプレー」を試用した竿のグリップと引き舟をお見せ出来て良かったみたいです。
a0056140_14364006.gif
・・・っていうか、これ、私の引き舟ではないですか!(◎_◎;)
石でどのくらい傷になるものなのか、どのくらい持つのか、興味はありますね〜。

今日はTさんもお見えになっているとのことで、今、ある釣り方の試験中だとか・・・。
先日、そのTさんが釣った鮎を、いしがきさんが知り合いにあげたところ、お礼の鹿肉が届いたとかで、お昼は私たちも鹿肉の焼肉をご馳走になることになりました。
そこには、興津川解禁前の試し釣りでお会いしたNさんもいらっしゃって、お昼を食べた後も、鮎の話のみならず、恐妻の話に始まり、「スーパーの買い物の袋詰めの仕方」やら何やら、お笑い芸人を超える面白い話のオンパレードで、時間が経つのを忘れて話し込んでしまいました。
ア〜ア、食べるのと話に夢中で、鹿肉の写真撮るのを忘れちゃった〜f^_^;

そこへ、常連のNちゃんがやってきて(・・・って、私達は初めてお会いしたのですが)、Tさんの釣りについて熱く語り始めました。
Tさんの釣りを、自分は竿を持たずに朝から晩まで一日中付いて回って、ず〜っと勉強したらしいのです。
それで自分の釣りは変わり、今じゃ「釣れない気がしない」くらい自信が付き、「鮎釣りが楽しくて楽しくて仕方がない!」と、心底楽しそうに話して下さいました。

実は今日、いしがき小屋に着いてからTakeちゃんが外でラバースプレーについて語ったりしている間、私は小屋の片隅に置かれていた「最先端のアユ 友釣り秘伝2018」という本を何気なく手にとったのです。
すると、そこには「伊藤稔」さんの記事が・・・。
私が尊敬する鮎の名手は他にもいますが、伊藤稔さんは私が渓流釣りを始めた頃からの「スーパースター」的存在です。
体調を崩されて第一線から退いていらっしゃると聞いていましたが、なんとシマノで竿の開発に携わっていらしたんですねー!(◎_◎;)
それも驚きでしたが、やっぱり伊藤稔さんの書いている内容は、スーッと心に入ってくるものです。
私も原点に戻って、鮎釣り、もう一度、勉強し直してみよう。
ーーーそんなことを思いながら、いくつかの記事を読み、最後の方に読み進んでいくと、「友釣り21」でお世話になった「梅林佳雄」さんの記事があるではありませんか!(◎_◎;)
梅林さんもお元気そうだということを知り、その記事を読んだら、梅林さんらしさが溢れていて嬉しくなっちゃって、帰ってからすぐに「最先端のアユ 友釣り秘伝2018」を注文しました!
(「最先端のアユ 友釣り秘伝2018」については、また後で書きますが・・・)
a0056140_15284233.jpg
なんだか支離滅裂になってきましたが、その本を読んだり、いしがきさんのところのお客様の話を伺ったりして、やっぱり時代に即した鮎釣りをしないと釣れないんだなぁ〜と改めて思った一日でした。

6月24日(日)
今日もTakeちゃんは「ラバースプレー」でDIYです。
a0056140_15413320.gif
洗面台の棚を取り外し、鏡や電灯のところをマスキングしてから「パールホワイト」色のラバースプレーで塗装しました。
黄ばんでいたプラスチックが、ピッカピカのパールホワイトに生まれ変わりました☆
こんな風に生まれ変わると、古くなったからといって買い換える必要もないな〜と思います。
ラバースプレーは普通のペンキと違って早く乾くので、塗り重ねも楽だし、すぐに仕上がるから良いですね♪
おまけに、気に入らなかったら、すぐに剥がせますし♪
ちなみに、Takeちゃんがプラスチックのメガネケースに吹き付けたパールホワイトのラバースプレーを、一日経ってから剥がしてみたら、結構しっかりとくっついていた割に、跡が残ることもなく綺麗に剥がれました。
結構、いろんなものに使えそうなので便利そうです。

かたやワタクシは、この春に玉川で拾った石に・・・
a0056140_15545933.jpg
これが、その石なのですが、良〜くみると2種類の石が合わさったようになって出来ています。
これがクセモノで、下地剤やアクリル絵の具のノリが悪くて、苦労しました。
おまけに、石の形がイビツ過ぎました! ーーーが、自分自身が拾ってきた以上、これも修行だと思い、投げ出さずに描き続け、ようやく仕上がりました☆
a0056140_15590686.jpg
縦13センチ、横17センチで、まぁまぁの大きさです。
a0056140_16023035.gif
イビツな形でしたが、なんとかウサギっぽくなりました。(でしょうか?)
耐水性のつや消しニスを4回塗り重ねたのですが、このニスだと元の鮮やかな色が薄くなってしまうような気がして、そこが残念です。
次はグロス(つや有り)のニスにしてみようかなぁ・・・。
その前に、9m用の鮎の仕掛けを作ったりしなくては・・・。

6月25日(月)
今日は、あいちゃんが我が家に来てから、ちょうど1年目の記念日です。
お迎えした当時は、何を考えているのか良くわからない「不思議ちゃん」でしたが、今じゃ、コジロー先輩のように甘えたり、呼び鳴きをするようになりました。
a0056140_16144842.jpg
「ニギコロ」も喜んでしてくれます♪
サザナミインコは消化器官が弱いのか、食べるものに神経を使いますが、元気にスクスク育ってくれて感謝、感謝です。
あいちゃん、どうか長生きしてね☆

ーーーそして、土曜日の夕方注文した「最先端のアユ 友釣り秘伝2018」が、なんとお昼頃届きました。
早いですね〜っ。
・・・で、何気に最後のほうを見たら、「『最先端のアユ 友釣り秘伝2018』は今号で最後の発行となります。」って書いてあるではありませんか!(◎_◎;)
確かに年々、鮎が釣れなくなってきて、鮎釣り人口も激減しているので、やむを得ないのでしょう。
しかし、名手の方々の「オトリの管理術」とか、読めば読むほど新しい発見があってとても勉強になるのに、残念なことです。

「どうせ釣れないし、勉強し直してまで、鮎が釣れるようになりたいとは思わない。」と思っている、そこのアナタ。
実は私もそう思っていました。
でも、この本を読んで、今一度、自分の釣りを改めてみようと思っています。
そして、いしがき小屋でお会いしたNちゃんのように、少しは自分の釣りに自信が持てるようになりたいものです。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by hototo-gisu | 2018-06-26 21:22 | DIY/クレイクラフト/物作り | Comments(6)

ゴールデンウィークは薔薇とDIY☆

5月7日(月)
ゴールデンウィークが無事に終わって、安堵しています。
去年はコジローのことがあったから、とにかく今年は平穏無事な日々が送れて良かった・・・と、それが正直な気持ちです。
a0056140_18281172.jpg
a0056140_18294405.jpg
今年も他の薔薇に先がけて、「コーネリア」が開花しました。(画像は4月29日に撮影したものです。)
これで1本の木なんです。・・・っていうか、毎年、これ以上育たないように剪定するのに苦労するほどです。
a0056140_11403648.jpg
家の窓から見える風景は、こんな感じ♪ 
香りも強すぎず、見た目通りの優しい薔薇ですーーーと言いたいところですが、葉っぱの裏側に細かいトゲがいっぱいあって、手入れの時に手を引っ掻かれたり、袖をひっぱられたり、なかなか手ごわいヤツです(笑)
a0056140_11475594.jpg
コーネリアに続いて開花するのが、このオレンジ色の「パット・オースチン」。
例年なら、パット・オースチンが咲き終わる頃に他の薔薇が咲き始めるのですが、今年は他の薔薇さん達の開花が早いので、コラボが楽しめます。
a0056140_11512840.jpg
まだ咲いていない薔薇もたくさんあるのですが、パット・オースチンは、日陰の花壇の「太陽」のような存在ですね。
庭のこの場所は早朝しか陽が当たらないので、薔薇を育てるのには心配でしたが、むしろ夏のギラギラした陽射しが避けられるのは、薔薇にとっても、手入れをする私にとっても良い環境なのかもしれません。
a0056140_13501134.jpg
「パット・オースチン」も、こちらの「モーティマー・サックラー」も、何年も前から「根頭癌腫病」に罹っているのですが、毎年、冬の土替えの際に癌腫部分を切除して、濃い木酢液で根を消毒するーーーという方法で治療することにより、このように立派に花も咲かせ、他の薔薇と変わらぬ成長を見せてくれています。
「根頭癌腫病は不治の病い」と諦めず、木酢液による治療で大事な株を温存する方法がもっと普及すればと思います。
a0056140_14091186.jpg
「アイ・オープナー」と「ジャルダン・ドゥ・フランス」も咲き始めました。
どの薔薇が一番好きかって聞かれたら答えに困るんですけど、あえて言うなら「アイ・オープナー」かなぁ…。
好き・・・っていうより、気になるっていうか・・・。 前世の記憶に働きかけてくる薔薇なのかもしれません。

ついでに、この際、他の薔薇も一挙にUPしちゃいます☆
a0056140_14351850.jpg
毎年、Takeちゃんからは、”どうでもいい”と思われている、「ブライス・スピリット」。
a0056140_14382742.jpg
かつて「銀座のママのよう」と言われていた「L.D.ブレスウェイト」。 最近、齢を重ねてきたので、以前よりは控えめな大きさに咲いてます。
a0056140_14412383.jpg
「マルゴ・コスター」は、コロンとした花型も色も、「可愛らしい」の一言につきます。
a0056140_14453197.jpg
「やませみ号と薔薇も、絵的に合うな〜♡」ーーーなんて思って、親バカというか、自画自賛というか・・・f^_^;

とにかく、冬の寒い最中から、トゲで傷だらけになりながら、薔薇の手入れっていうのは、ほとんど肉体労働だな〜って思いながら、地味〜〜に毎日、手入れを続け、ようやく努力が実を結ぶのがこの時期です。

そんなある日、ちゃぼさんが「ルドゥーテのバラ展」のことをコメント欄で教えてくださいました。
私もTVで宣伝を見ていたのですが、関心はあっても、どこか「うわの空」というか「半信半疑」で見てたんですよ。
「ルドゥーテ」のボタニカルアートは、薔薇愛好家の人は”知らない人はいない”くらいに有名で、その実物が清水で見れるって、本当?・・・みたいな。f^_^;
で、主催者の「テレビ静岡」のHPを見たら、納得しました。

清水って、全国でも有数の「切り花」のバラの生産地なんですね。
そういえば、『但沼』付近に鮎釣りに行った時、ハウスで薔薇が作られているのをたびたび目にしていました。
今回のバラ展は、JA清水のバラ部会の協力もあり、「バラの清水」というアピールもあるのかもしれません。
a0056140_15054283.jpg
a0056140_15130459.jpgーーーで、行ってきました「フランス宮廷画家 ルドゥーテのバラ展」。

200年前、ナポレオンの妻、ジョセフィーヌが世界から集めたバラを描いてつくられた「バラ図譜」。
今回展示されたのは、それに掲載されている全品種169種類(&リース画1枚)全てと、動物の皮に描かれた原画2枚です。
「バラ図譜」のバラは、銅版画に水彩絵の具で彩色されたもので、ルドゥーテの手法は「点刻彫版」といって「点で表現」されたものです。
それぞれの図版には、原画を描いたルドゥーテの名前と、彫り師の名前、刷り師の名前が書かれています。
今回、展示場の照明が少し黄色っぽくて暗過ぎたので見にくかったのが残念ですが、点で表現された部分も、水彩絵の具による彩色も素晴らしくて、今、絵を描くのに興味がある私にとっては、とても勉強になりました。

バラ好きの観点から言うと、当時の貴重なオールドローズが見れたことが何よりでした。
オールドローズのほとんどが一季咲きなので、今では見られない品種も多数あると思われます。
そして、私が好きなアイ・オープナーや、イングリッシュ・ローズの原点ともいえる「オールドローズ」を見ることで、我が家の庭のバラ達の先祖(?)が感じられて、興味深かったです。

写真が一般的ではなかった当時の花やバラを書籍として残す方法として用いられたボタニカルアートの傑作を実際に見ることが出来て、とても幸せでした。
a0056140_15525493.jpg
展示会場には、JA清水バラ部会で作られたバラが展示されていましたが、色がそれぞれに素晴らしく、花型も見事で、地元でこんな美しいバラが作られているなんて、ちょっと誇らしく思いました。

いろいろなグッズも販売されていたのですが、書籍として「バラ図譜」よりも先に作られた「美花選」がありましたので、そちらを購入しました。
どのページを開いても、ルドゥーテの絵の素晴らしさが伝わってきて、心打たれます。
行って良かった〜〜っ。
ちゃぼさん、ありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

さて、かたやTakeちゃんですが、ず〜〜〜っとDIYをしておりました。
夏に向けて、タープを改良したり・・・
a0056140_16152991.jpg
これはですね〜・・・
a0056140_16170262.jpg
やませみ号に載せる棚の台でして・・・
a0056140_16181491.jpg
ジムニーの時は、後ろの座席はどちらも倒して使っていましたが、ハスラーは1座席はそのままにしておこうーーーということになりました。
そして、1座席分のところに棚を作り、下にはウェーダーやベルトが入った入れ物を置けるようにして、棚自体は簡単に取り外しが出来て・・・
a0056140_16223479.jpg
a0056140_16312243.jpgなんと、アウトドアテーブルに早変わり♪
やませみの図柄は、Takeちゃんがウッドバーニングペンで、焼いて描きました。
焼いているのに、黒く浮き上がって見えて、素晴らしい出来栄えなんです☆
こういうの、絶対売れる!ーーーって思うんですけど、Takeちゃんは、商売じゃ絶〜っ対、やらない性分ですものね〜f^_^;

右の画像の黄色と黒の袋も、Takeちゃん製のアウトドアチェアーの入れ物です。
やませみ号に合わせて作ったかのように、ピッタリです。
TakeちゃんのDIYは、鮎釣りに向けて、着々と準備が進んでおります。

かたやワタクシですが、薔薇の手入れや家事の合間に、ちょこちょこっとお絵描きもしていました。
a0056140_16373102.gif
Takeちゃんが玉川で見つけた石ですが、「これ、この出っ張ったところがカメレオンの尻尾みたいじゃない?」と言うので、まさか「難しそうで描けない」とも言えず、持ち帰ってきました。
難しいお題は、さっさと着手するに限るーーーと思い、あれこれ悩みつつ、Takeちゃんにもアドバイスを得つつ、ようやく仕上げることが出来ました。

そして、鮎の仕掛けも作らなくちゃならないんだけど、もう一つ描きたくて、ちゃちゃっと・・・
a0056140_16495768.gif
この石は私が拾ったので、だいたいの目安がついていたんですけど、やっぱり難しいですねー。
このワンちゃんは、坪ちゃんの釣り日記のカール君をモデルにして描いてみましたが、全然似てない;^_^A
坪ちゃんとカール君、ごめんなさい。
もっと練習して、精進したいと思います。

最後に我が家のあいちゃん♪
a0056140_17054139.jpg
あいちゃんはカメラ嫌いだし、動きが素早いから、なかなかピントが合いません。
これはTakeちゃんが撮ったから、やっぱり腕ですかねー(⌒-⌒; )

そういえばコジローの命日の前の日、エンチョーに買い物に行ったら、入り口のところでオカメインコを肩に乗せた男性とすれ違いました。
そんな機会に遭遇するって、すごい確率!(◎_◎;) 
そのオカメインコは「ルチノー」だったので、今思うと、コジローの前に買うつもりだった(いや、お金をおろして買いに行ったら、すでに他の方がお迎えしていた)「コタロー」かなぁ・・・って思いました。
(会ったのが、コタローやコジローが売られていたエンチョーだったので。)
そうやってオカメインコに会ったけど、今はあいちゃんがいるから、特に他のインコには興味がないって思えた自分が意外でした。

コジローのことはなかなか忘れられないけど、でも、あいちゃんがいるから大丈夫。
あいちゃんが好きな歌「幸せの青い鳥」、いつでも歌ってあげるからどうか長生きしてね♪








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by hototo-gisu | 2018-05-08 20:49 | DIY/クレイクラフト/物作り | Comments(4)

玉川で石拾いのはずが・・・井川ダムまで行ってきました

4月21日(土)
鮎釣り解禁まで、あと一ヶ月となりました。
そろそろ針を巻いたり、仕掛け作りも始めないと・・・ということで、今日は釣具屋さんに行きつつ、玉川に行くことになりました。
玉川で、私は「石拾い」、Takeちゃんは河原でハスラーの走行性能のチェックをするのが目的です。

先週、石にこんな絵を描いたら、Takeちゃんからダメ出しをさせることもなく、”初めて”褒められたのです(^○^)
a0056140_16240255.jpg
TVで観た「リルバブ」という名の猫が、あまりに可愛かったので描きたくなり、一気に描いたのですが・・・。
まさか、Takeちゃんから褒められるとはねぇ・・・。
でも、その言い方がヒドイんですよ。

「ホトちゃんは、体調の悪い時に作る料理も美味しいけど、体調が悪いと、絵も上手く描けるんだね。」ですって!(◎_◎;)

しかし、いまだかつて絵を褒められたことはないので、気を良くして、次の絵も描きました。
a0056140_16354299.jpg
a0056140_16355202.jpg
どちらもお椀を伏せたような形の石にアクリル絵の具で絵を描いて、耐水性のニスを塗ったので、庭にでも置こうかな・・・と思っています。
文鎮にも使えそうですが、文鎮自体が必要ない私だし・・・f^_^;

ーーーというわけで、久しぶりの玉川(中河内川)です。
a0056140_21443397.jpg
TakeちゃんからGoProモドキを首に掛けられ、ハスラーの動きを動画で撮影させられました。
砂利道の坂や砂地での走行ですが、釣りには全然支障がないどころか、電子制御が非常に素晴らしいようです。
ジムニーからの乗り換えだっただけに、ある程度は我慢しなくちゃならないのかな…って思っていた私たちにとって、嬉しい結果でした。

無事走行テストを終え、ついでに西河内川も探索してみようーーーということになり、立ち寄った観光案内板を見たら、「現在地から、井川ダムまで35分」という表記が・・・。
a0056140_16460678.jpg実はTakeちゃん、昨日「レーダー探知機」を入手していて、それに表示される「標高」や「ブースト計」をチェックしながら走るのが楽しいらしいのです。

「35分って、そんなに遠くないね。」
「35分より掛かると思うけど、そんなに遠くないのは間違いないね。」

ということで、富士見峠越えで「井川ダム(湖)」へ行くことになりました。(⌒-⌒; )

a0056140_16533357.jpg
富士見峠からは、富士山も見えましたが、南アルプス(赤石山脈)の山々が望めました。
そして、35分どころか50分ぐらい掛かって(前に遅い車がいたから?)、井川ダムに着きました。
a0056140_17024149.jpg
井川ダムが作られたことで出来た「井川湖」は、人造湖としては日本一の大きさだそうです。
すぐそばに「井川駅」があり、ちょうどアプト式の電車が停まっていました。
a0056140_17063101.jpg
この可愛らしい電車で、いつか「アプト式」の急勾配のところを体験してみたいものです。
せっかく来たので、しばらく走ると・・・
a0056140_17091230.jpg
「井川大橋」がありました。
この画像じゃわかりにくいのですが、全長258mもある、長〜〜〜〜い吊り橋で、なんと車1台(2トンまで)が通行出来ます。
・・・が、ちょっと勇気がなくて渡る気になれませんでした。
(実は、ワタクシ、高所恐怖症なものですから・・・)
でも、渡っておけば良かったかなぁ…って、Takeちゃんが漏らしていました。
この橋上から眺める南アルプスの山々の景色が素晴らしいらしいので、いつかまた行くことがあるかも・・・。a0056140_17191099.jpg湖畔には所々、まだ桜が咲いていて、「つくし」が終わりかけていました。
その中に、初めて見る「緑色のつくし」が・・・。
Takeちゃんが持って帰りたいというので、数本、摘んで帰りました。

つくしを眺めつつ、靴と靴下を脱いで裸足になり、土に足をつけてボーーッとさせてもらいました。
裸足を土につけると、身体の毒素が土に流れるので体調が良くなるーーーって、何かに書いてあったのを思い出したのです。
体調云々は別にしても、裸足で土を感じると、なんだか遠〜〜い昔に還ったかのような感覚がして、気持ちが良かったです。
そして、ここ井川というところも、自然がゆったり流れているようで、とっても良い所でした。

帰り道沿いに「井川大仏」の案内があったので、行ってみました。
a0056140_17402521.jpg
この大仏様は、もともと北海道のご出身で、日大芸術科に学んでいたところを、志を転じて日大歯科に移って、その後、招かれて井川診療所に歯科医として勤めることになった佐藤平一郎先生という方が、奥様と一緒に4年の歳月をかけて制作されたそうです。
この美しい土地にお礼の意味を込めて「宗派を超えて、どなたにも気持ち良く拝んでいただけるような諸々の仏様のお徳を備えた大仏様を作りたい」ーーーというお気持ちで作られたそうですが、それが伝わってくるような大仏様でした。
どうか平和な世の中でありますように、これからも見守っていてくださいm(_ _)m

というわけで、今日も行き当たりばったりの旅となりました。

えーーっと、今日の目的の「石拾い」ですが、帰りに玉川の河原で数個、ゲットしてきました♪
中には、Takeちゃんのリクエストもあるのでハードルが高いのですが(苦笑)、練習だと思って描いてみたいと思います。











[PR]
by hototo-gisu | 2018-04-23 22:35 | DIY/クレイクラフト/物作り | Comments(10)

年の瀬は、バタバタです( ´▽`)

12月29日(金)
今年も残すところ、あと2日。
毎日バタバタ過ごしていますが、ようやく見通し(?)がついてきました。
おせち料理も、あとは「お煮しめ」と「卵焼き」を作るだけだし♪
バラの手入れは、つるバラ系は土替えと誘引を終えたのですが、その他は来年に持ち越すことにしました。
お正月のお飾りも終わったので、あとは気になるところの大掃除を残すだけです。

ブログの更新も今年はこれで終わりなので、ここ最近の出来事をサラ〜ッとアップしておきます。
a0056140_21255025.jpg
毎年恒例となった、クレイで作る干支の置物ですが、Takeちゃんにダメ出しをされつつ、手直しを重ねて、やっと出来上がりました。
向かって右が「柴男」、左が「柴子」です。
柴子は義母に差し上げて、柴男は我が家に飾りました。
a0056140_22330680.jpg
こちらは「柴男」。 記録として、もう一枚、アップしておきました(*^_^*)

そして、つるバラの誘引も・・・
a0056140_22403919.jpg
コーネリアは、このように誘引しました。
そして、私のお気に入りの「アイオープナー」は・・・
a0056140_22420548.gif
こんな感じに誘引しました。
イングリッシュローズやミニバラ達は、年を越してから頑張ります。

Takeちゃんはというと・・・
a0056140_22452344.jpg
こちらの古いキッチンの照明を、LEDライトのものに切り替えるべく、コンセントも新たに設置しているところです。
a0056140_22474093.jpg
こちらが新しくなった、LEDのキッチンライトです。
センサーで手をかざすだけで、スイッチをON/OFF出来るので、とても便利です。
新しく2口のコンセントがトースターの横に付いたので、ハンドミキサーなどを使うときに電源が近くて便利になりました♪
a0056140_23043925.jpg
クリスマスイブには、恒例のローストチキンも作りました♪

そういえば、このローストチキンを作る数時間前、買い物に出かけた帰り道に海を眺めていたら、白鳥のシルエットが見えたのです。

Takeちゃんに車をUターンしてもらって、白鳥を探すと・・・
a0056140_23114958.jpg
ようやく捕まりました!(←カメラで・・・)
海に白鳥っていうのは、珍しいのかな?
私は十数年前に、この近くで白鳥を見たことがあったので、このうちの一羽は、その時と同じ白鳥では?・・・と思ってみたりしました。

鳥といえば、我が家のあいちゃんも元気いっぱいです。
a0056140_23202232.jpg
あいちゃんとの「阿吽の呼吸」みたいなものがわかってきて、あいちゃんも良く懐いてくれています。
生まれて最初の冬を迎えているので、なんとか元気に乗り切ってほしいです。

以上、取り急ぎ近況をアップしました。

どうぞ皆さまもお元気で、良い新年が迎えられますようにお祈り申し上げます。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by hototo-gisu | 2017-12-29 23:40 | DIY/クレイクラフト/物作り | Comments(2)

騒音&振動の正体と、初めてのストーンアート

12月3日(日)
今日も朝から振動がうるさい。
結構離れているのに、家がこれだけ揺れるなんて、どれだけ深く地中に穴を開けているのか?
この振動のせいで、地震を誘発するなんてこと、ないですよね?
ーーーっていうか、こんなことして、地球がそろそろ堪忍袋の緒が切れないか心配です。 
その正体はコレです。
a0056140_17362003.jpg
a0056140_17364094.jpg
a0056140_17382022.jpg
何をしているのかというと、海に杭を打ちつけているのです。
そして、この杭に平らなテトラのようなものを設置することによって、海岸を増やす(広げる?)のだそうです。
a0056140_17421553.jpg
すでに工事を終えた場所は、確かに砂浜が伸びています。
a0056140_21112988.jpg
これらの写真は、Takeちゃんが先週(11月26日日曜日)に撮影してきたものですが、画像の奥で釣りをしている人達が乗っている、穴の空いた物が、その平らなテトラ状のものです。(この画像と上から2枚目の画像は、クリックしたら拡大されます。)

富士山とともに、三保の海岸も世界文化遺産の構成資産に登録されたからとはいえ、「海岸のテトラポットが景観を損ねる」とか、「昔のような美しい海岸線を…」ということで、海岸を増やすためだけにこれだけの大掛かりな工事をするなんて、税金ももったいなく思うし、なにより、この振動の大きさからして(それも長期間続いてるし)、ホント、地球が怒っちゃうよ〜っ。
「地球が・・・」なんて、大げさと思うでしょうが、この振動を体感していただけたら、誰でもそう思うと思います。
a0056140_18134146.jpg
こんなことなら、世界遺産などに選ばれなくても良かった・・・と思う今日この頃です。
富士山が怒って噴火しませんように・・・。
a0056140_18182124.jpg
夕方は静かになり、久しぶりに炭火をおこして、焼き芋を作ってもらいました。
a0056140_18232704.jpg
やっぱりサツマイモは、焼き芋が一番好き♡ 
この「切り出し七輪」が、いい仕事をしてくれます。 
また作ってくれるよう、頼んでおこ〜っと♪

それから、先週、粘土クラフトの山本先生から提案された「ストーンアート」に挑戦してみました。
a0056140_18312702.jpg
薄い石ころに描いたので、自立させるため、Takeちゃんがワインのコルクを背もたれにして、くっつけてくれました。
a0056140_18390602.jpg
なんだか、ワインを飲み過ぎて、コルクに寄りかかっているフクロウに見えてきました(笑)
描くのが楽しいので、暇を見つけては、いろいろ描いてみようと思います。









..............................................................................................................

[PR]
by hototo-gisu | 2017-12-04 21:05 | DIY/クレイクラフト/物作り | Comments(2)

富士川楽座へ行ってきました♪

11月23日(木)
今日は「富士川楽座」に行ってきました。
6月にあいちゃんをお迎えした日、偶然お会いした粘土クラフトの先生が、「また秋に展示会があるから来て下さいね。」とおっしゃっていたので、今日の日を楽しみにしていたのです。
a0056140_15044058.jpg
まずは腹ごしらえを・・・ということで、フードコートへ。
前回はお天気に恵まれなかったのですが、今日は朝まで降っていた雨がやんで、綺麗な雪化粧をした富士山と、富士川の流れが一望出来ました。
私たちの隣に座っていたご夫婦も、この眺めにとても感動していたようで、何度も「来て良かったね〜」とおっしゃっていました。

食事の後は、ちょっと腹ごなしに外へ・・・。
a0056140_15194477.jpg
ワンちゃん達が様々な芸を披露する「わんわんサーカス」が開催されていました。
ピンと張った綱に乗るより、こういうたわんだ綱に乗る方が難しいらしくて、メイプルちゃんがその難しい技にチャレンジして「きめポーズ」を決めた様子が、最高に可愛かったです。

館内に戻ると、そこかしこにゴジラのポスターがあるので、何だろうと思って行ってみると、「GODZILLA GENERATION 3 illustrators」という展示会が開催されていて、イラストレーターの「西川伸司」先生のサイン会が開催されていました。
a0056140_15392444.jpg
私自身、ゴジラや恐竜をクレイで作ってみたいと常々思っているので、こちらで見たイラストにすごく刺激を受けました。
ゴジラが「4本指」だってことも、ここで初めて知りましたよ〜(⌒-⌒; )

そして、いよいよ粘土クラフトの山本ちずる先生のもとへ・・・。
a0056140_15465547.jpg
山本先生の作る作品は、とにかく、小さくて、繊細で、正確で、可愛い!!
私は不器用だから、粘土を”盛って、盛って、盛りまくって”成形しているので、粘土クラフトって言っても「別物」だなぁ〜って、つくづく思いました。
先生は「もう30年もやっているから、手が自然に作ってくれる」っておっしゃっていましたが、私がその域に達することはないだろうな〜とも思いつつ・・・。
私が「粘土で造形するよりも、むしろ絵付けをするのが好きだったりします。」と言うと、「あなた、石に絵を描くの知ってる? 私ね、以前展示会で知り合ったストーンアートの方から、こんな小さい石に描かれたフクロウを二つ買ったことがあるの。やってみたら?」とおっしゃってくださいました。
私も以前から、ストーンアートもやってみたいな〜って思っていました。
先生がそうおっしゃるのでしたら、やってみようかな〜♪
a0056140_16033128.jpg
ーーーということで、富士川の河原へ・・・。
Takeちゃんは川を眺めながら、「こっちの流れは石があって、鮎が釣れそう」とかなんとか言ってたけど・・・。
a0056140_16045441.jpg
私はクルミを拾ったり、河原の石を拾ったり、何かの亡者みたいで、あさましいですね(苦笑)
でも、河原の石も、一つ一つに表情があって、時を経てこの形になっているのだと思うと、時の重みが感じられました。
この石に、どんな表情の動物の絵が描けるのか、今からちょっとワクワクします。

今日も霊峰富士の下、いい一日が過ごせました。 感謝、感謝です。

     *     *     *     *     *
a0056140_16291812.jpg
先週末にふと思い立って、玄関のリースにフクロウをあしらってみようと作ってみました。
いつもの動物たちと違って、正面だけ成形すればいいので、とても気楽に作れました。
a0056140_16332085.jpg
ドアがグリーンなので、ちょっと地味かなぁ?
また河原に行ったら、赤い野ばらの実とか見つけてきて、飾ろうかな♪
a0056140_16355855.jpg
コジローとのお別れがあってから、少し放置気味になっていたパスカル君を、コジローのお墓のそばに設置しました。
丸太に接着させるため、初めて「グルーガン」を使ってみましたが、すぐに固まってしまうので使いにくい感じがしました。
100均のグルーガンだからかな?
雨の水を弾いている様子が、カエルっぽくて良い感じです。
a0056140_16434420.jpg
こちらは、山本先生がお作りになった「狛犬」です。
全長4センチ弱の小さな狛犬ですが、表面にちりめん模様が施されていて、独特の風合いがあります。
なにより、この表情が可愛くて、見てて癒やされます。

そういえば11月もそろそろ終わりだし、私も、干支の犬を作らなくっちゃねー。 
ストーンアートは後回しかな? いやいや、明日にでも挑戦してみよう。

バラの手入れも始めなくちゃならないし・・・いよいよ師走だし・・・。
なにかと気ぜわしいけど、この狛犬ちゃんを見て、頑張るゾ〜〜っ\(*^_^*)/










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by hototo-gisu | 2017-11-25 17:11 | DIY/クレイクラフト/物作り | Comments(4)

芸術の秋ということで・・・

11月11日(土)
朝は雨が降っていたのですが、やがて気持の良い秋晴れになりました。
先週は、あんなに鮎釣りに対して未練タラタラだったけど、もう竿も綺麗に手入れしたし、ベストも念入りに洗ったし、これですっかり気持ちの切り替えが出来ました♪

ご近所の奥様が、静岡県立美術館で行われている「富士山静岡美術展」に絵画を出展なさっているということで出かけてきました。
私はその方の作品を以前に拝見して、いたく感動していたのですが、Takeちゃんは今回が初めてです。
さて、Takeちゃんがどんな反応をみせるのか、楽しみです♪
a0056140_17211437.jpg
美術館に向かう途中で、偶然、その奥様の車の後ろを走っていた私たち。
はからずも、奥様の丁寧な解説付きで、展示された数々の絵画を拝見することが出来ました。
a0056140_17310521.jpg
そしてこちらが、その奥様の油絵です。
かんじきをモチーフに、無数の蝶が生き生きと舞う様が幻想的な雰囲気を醸し出しています。
Takeちゃんも初めて見る奥様の絵に驚いた様子でした。
以前から、その奥様が県の芸術展で賞を受賞なさったりしていたことは聞いていましたが、聞きしに勝さるとは、このことです。
「まるでヨーロッパの絵画みたいだね。」と、Takeちゃん。
深く濃い茶色の背景と光の具合が、そういう印象を生み出しているのです。
まさかご近所の奥様が、こんな巨匠だったとは・・・って感じです。
本人を前にしてあまり褒めると、かえってお世辞だと勘違いされてしまうけど、Takeちゃんはこの絵がすっかり気に入った様子でした。
「買ってくれない?」なぁ〜んて言われて、「壁が狭くて、飾る場所がない」って断っていたけど、お金があって、場所もあったら買っちゃうかも・・・って言ってました。
そんな絵に出会えたし、他にもたくさんの素晴らしい絵画を拝見出来て、今日はとっても”アカデミック”な一日になりました。

ーーーで、明けて次の日のこと・・・。

「私は芸術的な素養は無いんですけど、最近、動物のフィギュアを作っているんですよ。今度、見に来て下さいね♪」な〜んて、世間話のつもりで奥様に話していたのですが、なんと旦那様を連れてお見えになりました(◎_◎;)
その旦那様も、会社時代は社報に漫画を描いたり、今も花を育てたり、創造的なものをこしらえたりと、芸術肌の方なのです。
で、私が粘土で作ったクレイクラフトの動物をご覧になり、どんな感想をお持ちになられたのか興味深々だったのですが・・・。
私の作品は、一言でいうと、”ちょっと創造性に乏しい”とご覧になられたようです。
もっと創造的で個性的な作品を期待していらっしゃったようで・・・ハイ、確かにおっしゃる通りです。
根っから頭が硬いので、柔軟性に富んだ発想が無いんですよねー。
でも・・・。その旦那様の御指摘で、何か吹っ切れました。
動物も、ちょっと好きな色で塗っちゃお〜かな〜って。
昔、母が上野動物園でキリンのぬいぐるみを買ってくれて、ず〜っとお気に入りだったのですが、そのキリンって、地肌が黄色かったもん。
本物と違っていても、イイのかも。
そう思えてきました。

なんか、これから作るのが楽しみになってきた♪

・・・って言っても、すぐには変わらないだろうなぁ〜ワタシ。
「千里の道も一歩から」っていうから、とにかく踏み出してみないとねっ♪







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
by hototo-gisu | 2017-11-14 18:29 | DIY/クレイクラフト/物作り | Comments(6)

初めての動画編集♪

10月14日(土)
またまた雨が降ってしまいました・・・で、まだ降り続いています。

「大井川はダムの放水をしてなさそうだけど、行く?」
「この雨で鮎も下ってしまうだろうし、来週もずっと雨だから、行くならこれが最後のチャンスかもね。」

ーーーなんて話をして、鮎釣りに出かける気になっていたのですが、それに追い打ちをかけるように雨がドシャ降りになってきて・・・。
雨だけならまだしも、おとといまで気温が30度を超えていたのに、今朝は17度?・・・で、まだまだ下がりそうな予報だし、無理をして風邪でもひいたらいけないので、鮎釣りは諦めることにしました。

Takeちゃんは仕事をするというので、私も遊んでいては申し訳ない気がして(苦笑)、前からやろうと思っていた動画編集ソフトの勉強をすることにしました。

「iMovie」というソフトなのですが、以前、サラッとTakeちゃんに教えてもらったのを思い出しつつ、ネットで使い方を検索して、あ〜でもない、こ〜でもない・・・と悩みつつ、作業を進め・・・。

お昼休みに降りてきたTakeちゃんをつかまえて、わからないところを聞きつつ・・・。

その後、お昼ご飯を食べ終わって後片付けをしていたら、「チャチャッと、タイトル部分と吹き出しのテンプレートを作ったよ。」とTakeちゃんが助け舟を出してくれたので、すご〜く作業がはかどりました♪

ーーーで、完成したのがコレです☆



夏の暑い日に撮影したスナップ写真…いえ、動画ですから、もともと公開するつもりじゃなかったので、お見苦しい格好でお恥ずかしいです。
でもまぁ、熱帯雨林原産のあいちゃんのユニークな生態(笑)が垣間見ていただけるかと思い、だったら編集しないと!!ーーーという熱意から、動画編集ソフトの勉強も出来たので良かったです。
(本当は、雨の日に水浴びする姿が興味深いのですが、追々撮影するとして・・・。)

これを機に、いろんな動画を編集してみようかな〜♪










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by hototo-gisu | 2017-10-16 20:16 | DIY/クレイクラフト/物作り | Comments(8)

甥の結婚式&披露宴@福岡

8月26日(土)
a0056140_15542682.jpg
Takeちゃんの甥の結婚式&披露宴に参列するため、「富士山静岡空港」からFDA便で出かけました。
FDAを利用するのは初めてでしたが、機内座席が両列2席づつで若干広めに配置されていて、なかなか快適だと思いました。
空港自体もこじんまりとしているので、鉄道の「駅」のような感覚です。
空港の前に広い無料駐車場があるので、車でサッと乗り付けて、パッと搭乗手続きが出来て、サッと飛べる・・・便利な世の中になったものです( ´Д`)

静岡は朝から陽射しが強かったのですが、この日、38度まで気温が上がったのだとか・・・。(◎_◎;)
福岡空港には11時前に着いたのですが、ちょうど雨が上がったところで、少し涼しく感じられたくらいです。

結婚式は夕方からだったのですが、「大安&土曜日」という結婚式日和ということもあり、ホテル内はいろんな面で、ごった返していました。

ーーーが、おごそかに、チャペルでの結婚式は、とり行われ・・・
a0056140_16211258.jpg
チャペルを出ると、「今朝は雷が鳴って、大雨だったんですよ・・・」というのがウソのように晴れ渡り、皆で飛ばしたバルーンが、青空に高く高く舞い上がっていくさまが、今、挙式を終えたばかりの二人の輝かしい未来を予見しているかのようでした。
a0056140_16431299.jpg
披露宴の受付の脇には、Takeちゃんが作った衝立とクロスに、私がクレイで作ったモカラの花や貝殻、そして新郎新婦を模したウェルカムベアが飾られていました。
a0056140_16475176.jpg
二人に贈ったのが4ヶ月前なので久しぶりの再会ですが、優しくて頼り甲斐のある新郎に良く似てるなぁ〜と、自分で作っておきながら、そんなことを思いました。
a0056140_16480942.jpg
新婦も、細身で和風な美人さんなのですが、挙式でスッと立った後ろ姿からは、「これから、しっかりと旦那様を支えていきます」という強い意志が感じられて、なんか頼もしいな〜と感じました。
a0056140_16595575.jpg
静かに暮れなずむ夕日に包まれながら、披露宴が行われました。
冒頭、二人の自己紹介を兼ねたビデオが上映されたのですが、結婚式のメイキング場面では私の作ったベアさんが二人と共演されていて、とても嬉しく思いました。
a0056140_17092016.jpg
ケーキ入刀に続いて、二人の上司にあたる方々や友人の方々のスピーチがあり、それを聞いていると二人の知られざる(?)人柄だけでなく、どういった方々が二人を支えて下さっているのかがわかり、有難いことだな〜と思いました。
どうぞこれからも、二人を宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

8月27日(日)
a0056140_21592498.gif
一夜明け、ホテルの窓からは「福岡タワー」や市街地が一望出来て、とてもいい眺めでした。

お昼前にホテルをチェックアウトし、親戚一同で「水炊き料亭 博多華味鳥」でお昼にしました。
「水炊き」といっても、ここの水炊きは一味違います。
このお店が独自で育てた「華味鳥」というブランド鶏を使用していて、鶏肉の旨味が他と違うのです♪
水炊きもいいのですが、「華味鳥生ハムと親鳥のたたき」もオススメです。
お店のオリジナルの日本酒「華味鳥」もさっぱりとした辛口で美味しかったのですが、次に飲んだ「喜多屋 本醸造」がフルーティで香りも良く、お料理に合って最高でした♪

次に向かったのは、「ハクハク」という、「ふくや明太子」の工場兼博物館です。
そこで「my明太子手作り体験」をしました。
a0056140_23122822.jpg
講師の先生の指示通りに、帽子とマスクを付けたのですが、お互いの顔を見て、大笑い♪
明太子作りもいいけど、こういった工程がとっても楽しい体験でした。
a0056140_23173422.jpg
出来上がった「my明太子」に名前を付け、出来上がりです。
(帰宅して3日目に食べたのですが、市販の明太子よりも美味しく感じられたのは、防腐剤が入っておらず、新鮮だからなのか、それとも単に、自分が味付けしたからなのでしょうか?)

そして・・・
a0056140_23340193.jpg
富士山静岡空港に、無事、戻ってまいりました♪

振り返ると、ちょうど1年前に甥っ子から結婚する旨を聞かされて、「ウェディング・アニマルは、私に作らせて♪」と志願したのですが、作らせてもらえて本当に良かったです。
これを機に、さらにクレイクラフトに精進したいと思いました。

お二人で、末永くお幸せに☆











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
by hototo-gisu | 2017-08-30 23:50 | DIY/クレイクラフト/物作り | Comments(2)

誰でも作れる! 串焼きが超簡単に出来る部品の作り方をアップしました!!

2015年1月に、「必見☆ 誰でも作れる!串焼きが超簡単に出来る部品を紹介します♪」という記事をアップしたのですが、最近、アクセスが集中しているようです。
ーーーが、その中で、「作り方は"Takechan☆House"をご覧下さい」となっていますが、プロバイダーを変えたことで、現在は見れなくなっております。

そこで、こちらでその記事を再公開させていただきますので、ご覧下さい☆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
簡易串立て器を作る
安くて簡単なので、ぜひ、チャレンジしてね♪
a0056140_00154751.jpg
気分は「串焼きろばた」?
全国50万人の(ホントか?)鮎釣り及び渓流釣りファンのみなさま、お待たせしました~♪
かねてからの懸案事項だった『簡単にできる串立て器』の製作方法をアップします。
これを作れば自宅の七輪調理だけじゃなく河原でのバーベキューのときなんかも、風情ある川魚の塩焼きが楽しめますよ!
来る渓流釣り解禁、鮎釣り解禁に備えて、あたたかい室内でぜひ作ってみて下さい。
DIYに慣れていない人でも1時間もかからずに作れちゃうと思いますので、、、
a0056140_00070090.jpg前に作ったのは、こういう耐火モルタルとトタン板を使ったもので、すごく使い勝手が良くて愛用してるんですが、モルタルを使ったり金属加工したりと工程が多く誰でも気軽にできるものではありませんでした。
七輪そのものに串立て用の穴を開けちゃうという大胆な方法も紹介しましたけど、それなりに良い七輪にはそんなこと出来ないし、安い七輪でも失敗しちゃったら悲しいのでどうしても別部品の製作が必要だな~と思ったわけです。
今回は、なるべくみなさんにチャレンジしていただけるよう、

●安価で手に入りやすい材料
●電動工具などを使わず室内でも作成できる
●パイプを切るのとネジをしめるだけの簡単な作業


というコンセプトで作り方を考えてみました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
使う材料と工具です


a0056140_00275456.jpgまず、用意してもらう材料は
・アルミパイプ 外周5mm径×1m(50cmでも可)・・・・¥170くらい
・タッピングビス 4mm×12mm×作りたい数だけ・・・・10個で¥100くらい
・ワッシャー 内径4mm×外形10mm×作りたい数だけ・・・10個で¥100くらい
・目玉クリップ(30mm~40mm)・・・・¥100
※あとは手持ちの焼き網
合計金額 ¥470 です。


アルミパイプ以外は100均でも購入できるかもしれませんが、ホームセンタ ーで買っても上記の値段で買えました。

a0056140_00300354.jpg丸パイプは、ホームセンターでは他にステンレス製や銅製のものなどが売っていま すが、加工の容易さや価格でアルミパイプが良いです。
タッピングビスをねじ込んでいくのでステンレスのような硬い材料だと作業が大変かもしれません。

それにセレブな材料を使わないというのがTakechanHouseのモットーなので、ビスやワッシャーに至るまでステンレスなどは却下です( ̅▽ ̅;)

5mmのアルミパイプの内径は約4mmですので4mmのビスがちょうど良いです。
ほんの少しタッピング(ねじ切り)しながら入って行きます。

a0056140_00333783.jpg目玉クリップにもとから開いてる穴を利用するのですが、目玉クリップの種類によっては5mm以上の穴が開いてるものもありますので、その場合に備えてワッシャ ーを使います。

目玉クリップは良く見かける40mmサイズでも良いのですが、今回は30mmのものを使いました。
穴の大きさはどちらも同じでした(4.8mmくらいだと思う)





a0056140_00410926.jpg使う工具ですが、
・プラスドライバー

・ペンチ or プライヤー
・パイプカッター(なければ金ノコ)


です。
他に金ヤスリ、ペーパーヤスリなども使う場合があるかもしれません。
パイプカッターはダイソーで¥400で買ったものです。
以前は¥100で売られていたのですが最近値上がりしてしまいました。
パイプカッターがなくても金ノコ(100均で売ってます)で普通に切断しても良いです。
アルミパイプはすごく柔らかいので比較的簡単に切り分けられます。
ただ、パイプカッターがあると切りクズも出ないし、切り口もきれいで、おまけに内側のバリ取りの金具もついていますの で、この機会に買ってみるのも良いかもしれません。
(100均に売ってるものは、ステンレスなどの硬いパイプには向きませんので注意して下さい。)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
作り方です

a0056140_00524425.jpgまず最初に、アルミパイプに4cm~5cmずつの印をつけます。 串が安定して刺さればいいので好きな長さで結構です。

ちなみに1cm程度ビスが入りますので串が刺さる長さは3cm程度になり、パイプ全長4cm以下だと串が安定しないと思います。





a0056140_00534831.jpg金ノコで切る場合は1mm程度短くなるかもしれませんが、その程度なら気にしなくていいでしょう。

また、1コ1コの長さがきれいに揃わなくても問題ありません。

金ノコで切った場合は切り口が荒れますのでヤスリなどできれいにすると良いでしょう。




a0056140_00550885.jpg次に、目玉クリップにピスとワッシャー、先ほど切ったアルミパイプを写真(左) のようにセットし、ドライバーで締めます。
パイプはペンチなどではさんで廻らないようにします。

写真(左下)のように反対側の穴を通る細いドライバーでも良いですが、30mm以上の目玉クリップなら写真(下)のように大きいドライバーも使えます。

最後までねじ込むと、かなりしっかりとしますが、ここで必要以上にネジを締めすぎるとアルミパイプが削れてしまいネジが利かなくなってしまうので注意して下さい。

a0056140_01150682.jpg
【超絶裏ワザ!】
パイプカッターもなく、アルミパイプを金ノコで切るなんて面倒くさいことができるか! っていうアナタには・・・

アルミパイプを買う時にホームセンターで切ってもらうことが出来ます(ダメな所もある)。
ただし一ヶ所20円くらい の有料サービスですけど、それでも10ヶ所切ってもらって¥200の工賃なので自宅にドライバーしかない人はそういう方法もアリです。

a0056140_01165808.jpg

これで完成です♪


ペンチでつかんだ所にバリがでていたらペーパーヤスリなどで削っておきましょう。
同様にして必要な数だけ作ってください。
あとで紹介しますが、最低4コ作れば焼き鳥用の針金も利用できるようになります。
アルミパイプさえ切れれば、あとはあっという間に出来ますのでせっかくならたくさん作っておきましょう。


a0056140_01230684.jpgあとはこんな風に手持ちの焼き網の好きな所に挟めばOK!です~

イイ感じに少し内側を向いているので魚を焼くにはちょうど良いと思います。
アルミパイプは柔らかいので、ペンチなどで好きな角度に曲げて調整することもできますよ。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
七輪にセットするとこんなカンジ♪
a0056140_01310479.jpg
写真のように、丸だけじゃなくて四角い焼き網でも使えます。
バーベキューに参加する時は、この『簡易串立て器』だけ持っていれば、誰かの焼き網に便乗させてもらうことも可能ですね(^-^;
焼き網の中央で別のものを焼いても良いですし、中央部分を切り抜けば炭の追加などの調整も出来るようになります。
焼き網 は100円程度なのでそのように加工しちゃっても良いかもしれません。
さあ、これで「なんちゃって串焼きろばた」・・・もとい、簡易川魚焼きシステムの出来上がりですが、実際にはまわりを風防や筒などで囲った方が良いと思います。
なくても焼けますが、非常に時間が掛かるし焼きムラも生じるかもしれません。
そこはみなさんの自由な発想でいろいろと工夫してみて下さい。

a0056140_06472482.jpgおまけ・・・

針金で写真の様なクネクネの部品を2個 作れば、焼き鳥なんかに最高な器具にもなります♪

写真のものは、今回紹介するために急遽 3分で作ったものですのでお恥ずかしい出来映えですけど、別にこれでもちゃんと機能は果たします。 この針金を挿すために串立て器を最低4個は作りましょうと言ったわけです。



a0056140_06504807.jpg5mmのアルミパイプの内径は4mm程度なので、それに入る針金ならOKですが、実際には3.2mmの太さが限界です。
それ以上太いと曲げるのにもひと苦労です。

写真のものは1.6mmの針金で100均で売ってます。この太さだと自由自在に曲げられますよ。




(2015年1月 Takechan☆Houseより転載)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

以上です。
私の転載技術がおぼつかなくて、お見苦しい点はお許し下さい。

この記事が、皆様のアウトドアライフに役立つとTakeちゃんも私も嬉しいです。
ぜひ作って、楽しんでみて下さいね♪(⌒-⌒)











...................................................................................................

[PR]
by hototo-gisu | 2017-07-07 07:01 | DIY/クレイクラフト/物作り | Comments(2)