~幼い頃、自然の中で遊ぶのが大好きだった女の子は今、こうなりました~


by hototo-gisu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

鮎釣り
渓流釣り、本流釣り
DIY/クレイクラフト/物作り
バラ、ガーデニング
自然
と或る日常のこと
料理、日本酒、ワイン
ジムニー、エッセ、ハスラー
鳥猟、エアー・ライフル
ロック(ブリティッシュ系)

最新のコメント

>kaiさん こんばん..
by hototo-gisu at 23:24
>ちゃぼさん こんばん..
by hototo-gisu at 23:05
こんばんは♪ ハスラー..
by kai at 23:03
夢のつり橋・・・なつかし..
by ちゃぼ at 10:54
>nigapeclubさ..
by hototo-gisu at 22:54

記事ランキング

美味しく、美しい鮎の棲む藁科川のHP byよしよし師匠
藁科川の鮎友釣り
okabami.com


利根川での鳥屋猟や鰻漁などを綴ったニコルさんのHP(ニコルさんは平成20年10月5日にお亡くなりになられました 合掌)
利根川のG.W.ニコル

鷹「赤霧クン」とのふれあいを綴るKaiさんのブログ
猛禽生活II

ダイビングと狩猟とヒコーキが大好きなレミントンさんのHP
SEA & GROUND

射撃と猟をストイックに探求する、たいちょ〜さんのブログ
エキサイティングアウトドア

清流、藁科川の鮎オトリ店
川小屋

物作りが得意なサイクロン所持”同志”うりゃさんのブログ
だらだら〜っとな

猟をたしなみ国際的に活躍する、まり〜んまぐなむさんのブログ
がんばれ!レピーター!

鮎釣りとスキーが好きで料理も得意なヒデVさんのブログ
おひとり様別宅生活

「チームやませみ」リーダー、たけちゃんのHPです。このブログと合わせて読むと、2倍楽しめます♪
Takechan☆House

愛車のジムニーで鮎釣りを楽しむ香魚さんのブログ
静岡発 The☆鮎☆Fishing

冬は猟、夏は鮎釣り、家族でアウトドアを楽しむ、なおきちさんのブログ
三度の飯より山河好き

不死身でタフな鮎釣り師、ニコパさんのブログ
清流で釣りGO!!

鮎釣り、海釣り、ミリタリーな映画に詳しいNAOさんのHP
今日も釣り日和

狩猟を始めるべく奮闘中!美味しい野菜作りを目指すcombatfoxさんのブログ
combatfoxの日記

「闘将やなやん軍団」のリーダー、やなやんさんのブログ
闘将やなやんの「鮎かかってこんかい!!」

検索

ファン

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

画像一覧

ブログジャンル

アウトドア
釣り

カテゴリ:料理、日本酒、ワイン( 41 )

叔母さんから、山椒の実をいただいたので・・・

a0056140_22293889.jpg昨日、この画像を撮り、煮る準備をしようとしたら電話が・・・

なんと、会社に4月から入社したOさん
からだった。ずっと腎臓が悪く、30年に
亘り腎臓移植のドナーを自力で探して、
ようやく腎臓移植することが出来たと
いう人なのだが、まぁ、生きているのが
奇跡に近いくらいの苦難の道を歩んで
来た人である。

その人が、会社のある人の言葉の
暴力に耐えかねているのだ。

Oさんだけじゃなくて、他の人達も
同じような目に遭っているのだが、
Oさんは、仕事上、その人に
直々に教えを乞う立場であるから、
他の人達のように、簡単に聞き流すことが出来ないのである。
「私は今まで色々な人に会ってきましたが、あんな人は初めてです。」
「このままでは血圧が上がり、手術したところの内出血の危険性が高まって、
命にかかわることになりかねません。 その前に神経が参ってしまうかも知れません。」
ウ~ン、あの言い方とセリフと、自分の非を一切認めずに、他人を責める言動は、
外部の人をも怒らせて、上司が詫びに行った事もあるし・・・

40分程も話し込んでしまった。
「仕事も、まだ慣れなくて大変な時期だし、きっと慣れたら、精神的に余裕も出て
きますよ。私も他の人達も、Oさんの人柄に元気付けられていますし、一緒に働いて
いきたいと思っています。 だから、会社は辞めて欲しくないのですが、せっかく
生かされた命ですから、身体のほうが大事ですよね! 仕事よりも、精神面での
苦労が、一番、身体に悪いのはわかっていますからね。 他の誰の為でもなく、
自分自身のことは、自分が大切にしてあげないと・・・」 目上の人生の大先輩に対して
恐れ多いけれども、話を聞いてあげて自分なりの考えを話してみました。
少しは気持ちが楽になれば・・・との思いを込めて。

今日も、私がちょっと席を離した隙に事件が起こったらしい。 油断も隙もない!
私自身の仕事も立場も大変なのだけれど、それも踏まえた上で、Oさんと
その問題の人との接触を避けさせるのは、上司からの”業務命令”だ。
戦うぞ~~ ・・・・・じゃ、ないか。 はぁ~っ、疲れた。

で、肝心の「山椒の実」ですが。。。
レシピ通り塩水で30分煮ましたが、アクというか、苦味が強過ぎます。
さらに一晩、水にひたしてアクをとり、明日、味付けして、煮ようと思います。

何だか、たけちゃんのHPには、すでに『速報』が掲載されているとの情報が・・・
『号外』ですので、購読料は無料~のようです(笑) 
皆様、おやすみなさい(-_-)zzz
[PR]
by hototo-gisu | 2006-06-07 23:34 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(12)

秋田から、山菜と海の幸が届きました!

a0056140_21512261.jpg残業で遅くなっちゃって・・・
でも、無事に秋田からの
荷物を受け取ることが
出来て良かった☆

左下から「ホンナ」「しどけ」
「アイコ」という山菜。

お魚は、上が「ソイ」で、
下が「メバル」。

秋田は去年の暮れからの
記録的な大雪で、いまだに
雪代が出ていて、渓流釣りが出来ないらしい。
「藤の花だって、まだ、咲いてないんだよ! 山菜も、普通は順番に出てくるんだけど、
今年は一気に今、採れているんだよ。」と、友人。

「鮎、釣れたら送るね~♪」
「うん、でも、山女魚は? 釣れなかったの?」

「・・・。」

さて、遅くなったけど、これから、魚をさばくか~~☆
ソイは、お刺身と、潮汁。 メバルは煮魚にします。

県民性っていうのがあって、秋田の人たちは、「ラテン系」だよね~。
ココの人たちは、穏やかっていうか、平和な人たちなんだよね~。
競争心がないというか、商売っ気もないし、それでいて、強力な商売敵っていうのも
不思議と現れないっていう・・・まぁ、争い事は、無いに越したことがない。

魚を見つめながら、そんなことをぼんやり考える、今日のワタシでした。
[PR]
by hototo-gisu | 2006-05-23 22:17 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(16)

猪肉を料理するのは、何年ぶりだろう・・・

a0056140_21502278.jpgたいちょ~さんから、美味しそうな猪肉を
頂いた。
猪肉の鍋のことを「ボタン鍋」と言うので、
料理屋さんの真似をしてみました(笑)
 
でも本当の猪鍋は、猪肉と大根だけを、
赤味噌仕立てで煮るものだと教えられ、
以来、その作り方を守っているのですが、
その料理法だと、盛り付けなんか全然
関係ないみたい。

重要なことは、まず、スライスした猪肉を
良く煮込んで、赤味噌主体に甘辛く
味付けをしたら、大きめに(大き過ぎる
かな~と思うくらいに)”ささがけ”に
切った大根を加えて、良~く煮込む
こと!
a0056140_2216541.jpg
大根がべっ甲色に良く煮えたら
猪肉も食べ頃になっているが、
煮れば煮るほどに柔らかく、
味もしみて、美味しくなる。

でも、私、待てないものね~
これでも、1時間半ぐらい煮ました。
猪肉の脂身は、他の肉のそれとは
まるで別物で、ゼラチン質が多くて
プリプリしてるのよね~
だから、猪肉の脂身だけは、捨てちゃ
ダメなのです! これが美味しいん
だから~♡ →

そうなのよね、こうやって大根を
大きく切る理由がわかった!!
大根は煮込むと水分が抜けて
縮むし、大きいからこそ、猪肉のうまみも煮含みながら、尚且つ、大根の味も生きて、
交互に食べると、猪肉の味が、より引き立つのです。

たけちゃんにも猪肉を食べさせてあげると約束してあるので、今、同時進行で
「角煮」も作っています。
大根の煮たのは苦手だというから、しょ~んないもんね(笑)

そろそろ味付けをしても、いい頃かな・・・

たいちょ~さんといい、ロシコさんといい、こんなに身近に、エアーライフルを所持する
仲間が出来て、とても嬉しく思っています。
[PR]
by hototo-gisu | 2006-05-08 22:36 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(9)

家庭科の授業でも教わらなかったはず・・・

a0056140_055381.jpg自慢じゃないけど、ケーキなんて、
生まれてこのかた焼いたことがない。
でも、一度心に決めたからにゃ
実行しないと!!

なぁ~んて、作り始めてから後悔しても
あとの祭り・・・
卵白の泡立て加減はわからないし、
どのくらい混ぜればOKなのか、さっぱり
わかりません。
「ケーキよりも和菓子が好き♡」な私は、
これまでもケーキ作りになんて関心が
ゼロだったから、やめときゃ良かったのに・・・
料理だったら何とか、ごまかせるけど、
オーブンの中で膨らむスポンジケーキを
眺めること20分・・・

(ア~、これじゃ、ダメだぁ~! もう一つ焼き直そう!!)

そう心に決め、また1からケーキを焼き直した。 
かくして、なんとか1つめよりも少しましなスポンジケーキが焼き上がった。

っが、まわりに塗る生クリーム・・・ これって、どこまでホイップすればいいの???
それに、どうやって塗るの?!
そんなこともわからないでケーキ作りに着手するなんて、『無謀』ですよねぇ。
でも、ここで諦めたら、元物理部の名がすたるってものよ!
もう、やるっきゃない!!  エ~イッ、気合いだ~!!!

で、ついに、気合いで作っちゃった、それらしきケーキ☆ 
”Happy Birthday”と書いたから、バ~スディ・ケーキだと、かろうじてわかる?
物事、最初っから上手く行くなんてあり得ないですよね。
1つ目の失敗したスポンジケーキを渋々食べながら、反省することしきりでした。
でも、やってみるもんですね。 ちょっとだけヤル気が出てきて、(今度は、バラの花が
咲いたら、ケーキを焼いて、皆でバラを見ながら、ティーパーティでもしようかな♪)
なんて思っているくらいですから。

久しぶりにパンも焼いたら、オーブンの大きさもロクに考えずに2段にしてしまって、
上の段のパンは焦がしちゃうし・・・ すっごいドジだわ~
でも、途中で焦げ臭いニオイに気付いた私はエライ!(自画自賛!)

なんのかんの言っても、何事も精一杯やってみることはいいことだと思う。
それで見えてくることもあります。
こんなケーキでも、心から喜んでくれる人がいることをとても幸せに思った1日でした。
[PR]
by hototo-gisu | 2006-04-20 23:36 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(4)

ブログを見つかったのは恥ずかしかったけど・・・

a0056140_22263493.jpgお昼休みにケイタイが鳴った。
「お昼過ぎに、この前のお返しを
持って行くからね~」
お返しって、バレンタインのチョコの
お返し?・・・ アコウダイを頂いて
感激だったから充分なのに・・・☆
でも、また、美味しいお魚かな~
・・・と、本音で、胸がワクワクした(笑)

すると、何やら、ボトルのようなもの。
「横にしたら、漏れるらしいよ。」
「ありがとうございます☆」
・・・しかし、何でしょう?
頭の中には、お酒というのは全然
浮かんでいなかったのです。
(横にしてはいけない)と言われたから、
何かなぁ~と。

開けてビックリ!! なんと、私の大~好きな「にごり酒」ではありませんか!!!
「正雪」は、(ほぼ)地元の上品で洗練された辛口のお酒というイメージだけど、
まさか「にごり酒」も造っているとは知りませんでした。

帰って早速、ひと口、口に含む。
「ん~~!! 美味しい~~~♪♪」 ついつい2杯めに突入・・・
昨年11月末に飲んだ、菊水酒造のにごり酒も良かったけど、こちらのほうが、
もっとイイ!! ドブロクっぽいんだけど、洗練されていて、「正雪」らしさが
ちゃんと残っている。 ア~、美味しくて、幸せですぅ~♪

今の会社に入った時、顔の広~い先輩を通じて、鮎釣り仲間を探したが、
全社内および、関連会社で見つかったのが、アコウダイの君(きみ)ただ一人!
この方は心底、釣り好きで、釣り船も持っているし、あの興津川のすぐそばに
家を建て、休みの日には必ず海か川に出勤しているくらいの人だから、相当、
釣りにハマっている人であります。
その方から、私も相当な釣り好き人間であることを認められているので、
それだけでも光栄の極みなのに、このようにお心遣いを頂けるなんて・・・(涙)
ブログを見つかってしまったのは、恥ずかしいけれど、おかげで(?)にごり酒が
好物であるということを知って頂けたのかも知れない。
本当に、ありがとうございます!
今年は一緒に鮎釣りが出来ますように☆ 
必殺、秘密の○号ハリを巻いて行きますよ~ん♪ ルンルン~(かなり酔ってるかも!)
[PR]
by hototo-gisu | 2006-03-13 23:14 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(6)

秘伝! ホトトギス特製「鴨の燻製」のレシピを公開します!

a0056140_21111486.jpg

可愛いレミちゃんと水平さんのリクエストにお答えしましょう!
①鴨の内臓を抜いて、キレイに毛をむしります。 そして、香辛料を
 しみ込みやすくする為に、串で全体に穴を開けます。
②粗塩70g、三温糖30g、ナツメグ、シナモン、ブラックペッパー、セージ、
 ローリエなどのハーブを各2gづつぐらいを良く混ぜたものを、鴨全体に
 良~く擦りこみ、モミモミします。 (心を込めてやるのが大事よん~♪)
 最後に、内臓を抜いたところにも香辛料を振り入れます。
 (香辛料が余るかも知れませんが、余ったら次回にまわして下さい。)
③②をビニール袋に入れ、良~く空気を抜いて袋を閉じ、1週間冷蔵庫で
 寝かせます。 その間、時々、ひっくりかえしたりして、全体に香辛料が
 なじむようにします。
④冷蔵庫から取り出し、良く洗って、水気を拭き取り、半日くらい冷蔵庫で
 乾燥させます。
⑤④にサランラップを巻き、中に水が入らないようにテープで留め、さらに
 ビニール袋にいれて、テープで留めます。 (要は、ボイルしている時に
 水が入らないようにします)
⑥お湯の温度を70~80度内に保ちながら、2時間ボイルします。
⑦ボイルした⑥の水気を拭き取り、半日くらい乾燥させてから、薫煙を
 かけます。
⑧薫煙のかけ方ですが、スモークチップの棒状になったものが使いやすいです。
 私の場合、その棒状のヤツを三分の一にしたものを燃やして、⑦に薫煙を
 かけるだけです。 (およそ3時間~4時間くらいでしょうか)
 スモーカー内の温度は、30度くらいが適温です。
 私の場合は、ダンボール箱を加工して、鴨の首にタコ糸を巻いたものをS字
 フックで吊るし、下から、チップを燃やして薫煙をかけます。
 あんまり神経質にならなくても、⑦の段階までちゃんと下ごしらえしていれば、
 あとは薫煙が適度に付けば、燻製の出来上がりです。

以上であります☆

いたってアバウトなワタクシですので、これで失敗しても、一切、責任は
負いかねます! (笑)
でも、質問等がございましたら、わかる範囲でお答えいたしますので、
ご遠慮なくお申し出下さい。
なお、この鴨の燻製の出来上がりは、牛タンスモークっぽい仕上がりです。
上記の画像を作成した『たけ画伯』によりますと、軽く火であぶったほうが、
より美味しく頂けるとのことです。
ホトトギスのお料理教室は、今日は、このへんで・・・ サイナラ、サイナラ・・・★ 
[PR]
by hototo-gisu | 2006-03-07 22:05 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(7)

あの”アコウダイ”をまた頂きました!!

a0056140_2236216.jpg土曜日の午後、ケイタイが鳴って・・・
「渓流、行った?」
「ううん、今日と明日は用事があるから、
来週に延期したんです。」
「ブログに書いてある通りだね!」
「エッ?! ブログ、見つけたんですか?!」

このブログ、マイナーっぽかったので
とりあえず日記がわりに思いのたけを
書き散らかしていたんだけど、身近な人に
読まれると、ヒジョーに恥ずかしいかも・・・
ま、見られてしまったものは、しょ~がない
かな~(笑)

昨年暮れに頂いて感激したアコウダイを
また頂いてしまった! また食べることが
出来るとは夢のように嬉しい!!a0056140_22523668.jpgあの後、ネットで検索したら、
アコウダイがいかに貴重で美味しい魚とされているか
が良くわかったから、
なおさらです。

アコウダイは、「皮」が
美味しい☆
鍋にすると、ヒレや尾の
赤い皮までプリプリッと
して、口でしごいて食べると
えもいわれぬ美味しさなのです。


a0056140_2374535.jpg今日はお刺身が食べたかったから、この「皮」を生かすために、『湯引き』にしようと思ったが、カツオの
タタキのように、皮を焼いてみた。が、見た目はいいけど、皮が締まって硬くなりすぎて、この魚は煮る調理法が一番合っているのかも知れない。 『湯引き』が正解だったかも!

アコウダイのことばかりに気を取られて、もう一つ頂いた魚の存在をすっかり忘れていました。
これは何という魚なのでしょう?  
a0056140_23253440.jpgこれらを下さったマリーナの
友人にもう一度教えて
もらおう・・・と思うが
ついつい聞きそびれてしまった。

今日の気分はイタリアン☆
豪快に塩とドライハーブと
オリーブ油をかけて、
オーブンで焼くこと30分。
身がプリッと締まって、
塩焼きにピッタリの魚だと思う。
美味しくて、一人でパクパク平らげてしまった。
ア~ア、こんなに美味しいものを独り占めしてるとバチがあたりそう・・・
また皆で鍋パーティでもしようかな!
[PR]
by hototo-gisu | 2006-03-06 23:38 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(5)

バレンタインデーということで・・・

a0056140_22325231.jpg生まれて初めて、トリュフ作りに挑戦
しました。
チョコレートは好きだけど、食べると
吹き出物がすぐに出来ちゃう体質・・・
今までは買った物で済ませてたけど、
人並みに(?)手作りのチョコレートを
作ってみようと思い立った。

が、早くも難関が待っていた!
材料の、「純正生クリーム」が売って
いないのだ! 「植物性40%」とか、
「ホイップ用生クリーム」とかは
あるのに、どうして~??
バレンタインなのに、置いてないの?

スーパーを4軒もハシゴしたが、
売っていなくて、5軒目にしてようやく
ゲット!

マッタク~ 車を買っていなかったら、とうに、諦めていたところだわ~

材料のチョコレートを細かくスライスする。 結構、力がいるものだわ~
温めた生クリームにチョコを溶かして、適温に冷やし、トリュフの形にする。
大きさが均等になるように、量って丸めるのだが、これが結構、神経を使うのには
ビックリ! 油断してると、すぐに溶けちゃう~
暖房も消して、息を止めて、一気に丸めなくてはならない!

ハァ~ッ、窒息しそう。。。 ライフルにじゃなくて、私に酸素ボンベが必要だわ~
パティシエって、お菓子を作っているのに太っている人があまりいないのは、
これだけ神経を使うからなのね~ などと、つまらないことが頭に浮かぶ。

吹き出物を気にしながらも、一口、食べてみる。
「うわ~っ、コレ、美味しいじゃない♪」 思わず、嬉しくて、ニヤけてしまう。
これまた手作りのラムレーズンを混ぜて、トリュフを形作る。
息を止めながらの作業だけど、ワクワクして、とっても幸せな気分☆
今まで買ったもので済ませていた自分に深く反省した。

美味しい鴨やキジが食べたくて、猟を始めた私だから、美味しいチョコレートが贈りたい
なら、買ったものじゃなくて、自分で作らないと・・・  ――なぁ~んちゃって、
たまたま、それらしく出来上がったものだから、いい気なものですね!
[PR]
by hototo-gisu | 2006-02-14 23:10 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(8)

世の中、思い通りに行かないものだと・・・

a0056140_20464896.jpg常々、心している私ですが。。。
「1月25日には、銃の免許を用意して
おきますが、念の為、事前に連絡を
してから、来て下さい」と、警察の
生活安全課の担当者から言われて
いたので、電話をした。

警察:え? 私、25日って
    言いましたか? 30日って言った
    つもりで、用意していましたが。
私:  30日って、何曜日ですか?
警察:月曜日ですね。←(平然と)
私:  25日って言われたので、その
    週の土日にスコープ調整の
    予定を組んであったのですよ!!
    27日に、なんとかして頂けない
    でしょうか?←(かなり強気!)
警察:チ、チョット、待ってて下さい。 今、稟議にかけていますので。
  (しばらく、電話口で待つ私)
警察:わかりました。 27日に用意しておきます。
私:  朝、九時に伺ってもいいですね?!
警察:大丈夫です。

もう~、どうなるかと思っちゃった! しっかし、免許をお願いする側の私があんなに
強気の発言をしていいのだろうかと、内心ではビクビクでした。 でも、これ以上、
サイクロン君のこと、待てないんだもん~~☆

すぐに銃砲店に電話をして、27日のうちに、警察で銃の登録も済ますことにした。

私: ところで、エアータンク、どうなりましたか?
店: 300気圧のがなくてね、200気圧ので、8万円。 エアーの補充は、頼んだら
   すぐにやってもらえるから、これでどうですか?

キャ~ッ、8万円?!

今日、本当なら、私が希望しているジムニーWILD-WINDを見に行く予定だったが
工場からスズキのお店に着くのが午後8時以降になり、お店が閉まってしまうので
明日に延期になってしまった。
車屋さんの見積もりで○○○万円、さらに、自動車保険に○○万円・・・

「貯金がなくなったら、結婚相談所に行って、養ってくれる人を探すわ~」と皆に
公言したが、それを聞いたうちの1人が後から言っていたそうな・・・

「使って無くなる様な金は、『貯金』って言わねぇ~!」

ごもっとも!!(笑)

晩酌も1本398円のスペインワイン(4,5日で空けます)、おかずも1切れ100円の
宮城県産トラウト・サーモン。 (トラウト・サーモンって、いったいナニ?)
ク~ッ・・・ でも、心は錦~♪ (そんな歌があったっけなぁ~)

ん~、スペインワイン、美味しいっ♪ チリワインも良かったけど、ポピュラーに
なり過ぎて、高くなってしまったしね~。
安いワインでも、大きなグラスで飲むと、数倍美味しくなるし~(^^)v
「王様の涙」もスペインワインでしたけど、それより安いよ~~☆
売っているのを教えてくれた叔母さんに感謝しなくっちゃ!!   
[PR]
by hototo-gisu | 2006-01-18 21:55 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(2)

ジムニー WILD-WINDに決めました!

a0056140_21195016.jpg釣りをしている時は日焼けも気にならないのに、それ以外で日に焼けるのはイヤだなんて、可笑しいですね。
ジムニーの一番安くてシンプルな仕様のに
するつもりだったのに、UVカットガラスでは
ないことがネックになっちゃった。
車屋さん:「UVカットフィルムを貼っても
  5万円かかりますし、傷が付いたら
  剥がれますよ。」
で、薦められたのがWILD-WIND。
「撥水シート」だし、後ろの座席を倒すと
平らになるし(普通のジムニーは
ならない)、釣りや猟で使うのには
良いかも☆ 色も気に入ったし♪
値引きしてくれるっていうし、ちょっと
予算オーバーだけど、後悔はしないと
思う。

昨年、鮎竿折っちゃって、『全損』だったけど、今年は新しいのは買えないなぁ・・・
そう思うと、古い竿がいとおしくなって、今日久しぶりに出して眺めてみた。
「今年も宜しくね~。」 大切に使うから、折れないでね!

食費を切り詰めるわけじゃないけど、鹿肉の細切れ肉があったので、肉団子にして
お弁当のおかずにした! (ついでに酢豚風にしてみました↑)
鮎もストックしてあるので、佃煮や南蛮漬けにしようかな・・・
エアーライフルの酸素タンクも買わなくちゃいけないしな~
あ~、極貧生活覚悟だわ~~ (^^);
[PR]
by hototo-gisu | 2006-01-15 22:43 | 料理、日本酒、ワイン | Comments(3)